~ 思い出を残しながら新しく ~

亡くなってしまった祖母の大切にしていた家に、母と姉妹3名の家族4人で暮らすことになったA様。思い出の詰まった家でもあるので、残す所は残しながら自分たちの個性に合わせてリフォームをしたいと依頼がありました。


玄関や窓の開口部分は基本的にそのままの状態で改装し、壁を移動しながら全面リフォームを行いました。


ドアにニュージーランド産のパイン材を使用し、塗装されていても木目が綺麗で肌触りもよくなっています。またドアの窓にはチェッカーガラスを採用する事で、オシャレに仕上げています。
 

共通の部屋は広く見える様に白を基調にしており、個々人の部屋は個性や好みに合わせながらリフォームしています。


A様の「リフォームするなら」という気持ちから、キッチンのタイルやそれぞれの個室の壁紙など、お客様が直接メーカーまで足を運んでくれて、一緒に選ぶ事が出来たので、とても個性的になりました。 

お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル
098-917-6062
  • Facebook
沖縄県宜野湾市上原2-6-3 ラピスラズリ101